プロペシア 安心

病院で処方してもらうのが最も確実

 プロペシア(成分名:フィステナリド)など経口発毛剤を購入する方法は大きくわけて2つです。  ひとつはAGA治療薬を処方してくれる病院で、処方してもらうこと。  基本は皮膚科になりますが、少し大きな総合病院ならたいてい対応してくれます。  近くの病院で処方してくれるかどうかを調べるには、AGAの病院検索が便利です。  http://www.aga-news.jp/index.xhtml  病院で処方してもらう一番のメリットは、治療について詳しいアドバイスが受けられるということです。  例えば、家系的に自分はどうもハゲる運命にあるようだけど、今後どれくらい薄くなるのか?といった不安も、血液採取をすれば、遺伝子レベルで調べてもらうことも可能です。  自己流で、ネット上に書いてある発毛方法を実践するのと安心感が違います。  安心という点では、100%正規品のプロペシアを手に入れることができます。  あとでくわしく触れますが、偽物が少なくないこの業界にあって、日本国内病院で偽物が出てくることは絶対にありません。  なので、性格的に自分が心配症だという方は最初は病院で処方するほうが無難です。

デメリットはとにかく値段が高いこと

 病院で購入する一番のデメリットとしては、値段が高いことです。  輸入代行業者を利用した個人購入と比べれば最大6倍くらい高いです。  町の皮膚科であれば、1ヶ月分が1万円程度。発毛専門クリニックなどであれば、2万円から3万円が相場です。  なぜそんなに値段が一定しないのかというと、薬価基準を取っていない薬だからです。  簡単にいえば、処方する病院で値段はつけ放題。  美容整形が保険適用外で、高須クリニックと品川美容外科では手術費用が違うのと同じ理屈になります。  医療機関で処方しているものであれば、値段は違っても同じ薬なので心配がありません。
値段優先なら個人輸入を
 AGA治療に興味はあるけど、1ヶ月に1万円は厳しいという方や、一度病院で処方してもらって、安全性は実感しているという方は、個人輸入を利用します。  個人輸入といっても、全く個人で問屋から輸入するわけではありません。  代理店業者を利用します。  代理店を通すので中間マージンが発生しますが、それでもメルク社製のアメリカ工場生産のものが約6,000円弱で購入できます。  さらにそのジェネリック版となると、半額以下になる場合があり、フィナステリドを有効成分とする、「プロペシア」のジェネリック、フィナロの場合は2,000円以下で買うこともできます。  ただし、先にも触れたとおり偽物が多いジャンルですので、利用する個人輸入代行業者選びが重要になってきます。  次のページでは、輸入代行業者を選ぶ際のポイントについて紹介します。

プロペシア。個人輸入代行業者の選び方