プロペシア。個人輸入でのデメリット

自己責任が問われる個人輸入

 格安で、しかも誰にも相談せずに買えるということから、自分もやってみようかなと簡単に思えてしまう、医薬品の個人輸入ですが、やはり町のお医者さんで処方してもらうのと比べて不便な点もあります。  商品は無事届いたけど、いざ開封して困った・・・ということにならないように、デメリットも把握しておきたいところです。 1.服用方法について指導が受けられない   医薬品の効果・効能についての説明は、お医者さんだけができることで、販売代理業者は医師ではないため、そういったことの説明はしてくれません。  例えばプロペシアのジェネリックだけでも数種類ありますが、どれがおすすめかというのは、ホームページに記載されている情報だけで判断するしかありません。   自分の症状はこうだから、副作用はどうですか?という質問などにも答えてくえれません。 2.副作用が出ても保証がない  AGA治療では、ミノキシジルを使用して、頭皮に痒みがでたというケースが10人に1人程度あるようです。副作用が出た場合でも、輸入代行業者は対応してくれないので、医療機関を受診することになります。  また、使ってみて合わなかった、未使用だけど開封してしまったという場合の返品、返金にも応じてくれないところがほとんどです。  ちなみに、販売代行業者は販売者とは違うため、クーリングオフも適用外になります。 3.日本語の説明書がついていない  海外輸入品がそのまま梱包されて配達されるので、基本的に説明書は英語です。最低限の服用方法については、ホームページ上に日本語で記載されているので、飲み方を迷うことは無いと思いますが、製品について詳しく知りたいという人は自分で翻訳するしかありません。  管理人が利用している、アイドラッグストアでは、個人的な理由は別として、購入して失敗したという、店への不満はなさそうですが、上記のようなことを知っているかいないかで、購入前の安心度が違いますね。