イソフラボン 育毛

フィナロ+食事で髪を増やす

 フィステナリドの薬を飲んでいる人はたくさんいると思います。私はフィナロを使用しています。  →フィナロを選んだ理由はこちら  プロペシア、フィナロ、プロスカーなどなんでもいいんですが、フィステナリド系の薬と合わせて他の薬も飲んでいる人がけっこういるようですが、私は食事と運動でそれを補っています。  というのも薬も大事ですが、そればっかりに頼りきって日常的な自分のコンディションが悪ければやはり髪は育たないと考えるからです。

髪が増えるのはイソフラボン!断然豆腐・納豆

 よく、ワカメや海藻が髪にいいという噂を聞きますが、あれは根拠はないそうです。  たしかに、ガゴメ昆布などは、地肌に潤いを与えるので、最近では白髪染めなどにも含まれているようですが、発毛とは関連性がありません。  それよりも効果があるとされているのはイソフラボンです。  エストロゲンというのが女性ホルモンの一種で、それが胸の膨らみや生理とも関係していて女性らしさを作っている要素なんですが、エストロゲンは年齢とともに減っていきます。  女性でも髪が薄くなるのはエストロゲンが足りなくなっているからです。  イソフラボンはそのエストロゲンと構造が似ていて、エストロゲンを補う働きがあります。  男性には関係ないと思うかもしれませんが。男性ホルモンが増えることで薄毛は起こりますので、女性ホルモンが男性ホルモンとのバランスを保ってくれれば、ホルモンバランスの悪さによる、薄毛の進行というのはある程度食い止められるわけです。  イソフラボンが大量に含まれている食品といえば、大豆ですね。  納豆や豆乳などは日常的にイソフラボンを摂るには手軽で便利な食品です。  ただ、私はあまり納豆も豆乳も好きではないので、薬だと思って我慢して食べていますが、足りないところはサプリメントで補っています。  カプサイシンとのセットで、胃を刺激することによって、脳に発毛の指令を出すそうです。  理屈が知りたいという方は、岡嶋研二さんという方が書かれた「薄毛の食卓」という本に詳しく書いていますが、とにかくカプサイシンは間違って飲み過ぎると強烈に胃に刺激があるので、製品の品質自体は悪くないと思います。